2023年2月 4日 (土)

初春の満月@獅子座の月 

2023年2月6日午前3時台に、水瓶座の太陽と獅子座の月が180度になり、満月になります。

今回の満月は、太陽・月・天王星の不動宮のTスクエアが経済に関係する部屋で作られていることが特徴。

自由の星・天王星が不動宮に囚われて窮屈な状態。閉塞感を打破したい要求が強まりそうな星回りです。

9d50f14545bc48f5904f8ad57bae2095

| | コメント (0)

2023年1月27日 (金)

上弦の月

2023年1月29日午前0時台に、水瓶座の太陽と牡牛座の月が90度になり、満月に向かう上弦の月になります。

今回の上弦の月は、3ハウス(情報)の太陽・火星・木星が調和の小三角形、6ハウス(健康)の月が水星と調和の角度を作っていることが特徴。

穏やかな星回りの時期です。

E448c718805642bda4a3284e4bda09ee

| | コメント (0)

2023年1月25日 (水)

金星が魚座へ

2023年1月27日午前11時台に、金星が魚座に入ります。

金星が火星と不調和になる2月6日満月、海王星と重なる2月16日は、金融機関や芸能界のスキャンダルが発覚するかも。

| | コメント (0)

2023年1月21日 (土)

天王星が順行へ 全ての星が順行へ

2023年1月23日午前7時台に、天王星が牡牛座で順行に戻ります。全ての星の順行は、水星が牡牛座で逆行する4月21日まで。

この間、水瓶座から土星が離れて代わりに冥王星が水瓶座入りする3月は、怒涛の展開がある特別な時期になりそうです。

| | コメント (0)

2023年1月20日 (金)

新月@水瓶座の月

2023年1月22日午前5時台に、太陽と月が水瓶座で重なり、新月になります。

今回の新月は、冥王星の山羊座滞在中のラストの水瓶座の新月ということが特徴。2024年から水瓶座の新月では、冥王星は水瓶座に入ります。

山羊座の冥王星・水瓶座の太陽と月が牡羊座の木星、双子座の火星と調和の正三角形を作っているため、山羊座の物質的な価値感をリセットしながら、水瓶座の時代に向かっているという旗印のような星回りです。


Ea5580522bd44dd9b25da76356aa5ba9

| | コメント (0)

2023年1月19日 (木)

開放の大寒 太陽が水瓶座へ

2023年1月20日午後5時台に、太陽が水瓶座に入ります。

明日20日の閣議で5類に以降マスク不要が決定のニュースが流れた本日19日。

土星が水瓶座入りした2020年3月から続いていた自粛は、土星が水瓶座を抜ける3月まで。

太陽と天王星が不調和になる2月5日前後、太陽と土星が重なる2月17日前後は、決定打になるような動きがあるかもしれません。

| | コメント (0)

2023年1月16日 (月)

水星が順行へ

2023年1月18日午後10時台に、水星が山羊座で順行に戻ります。

全ての星の順行は、1月23日の天王星の順行から4月21日の水星の逆行まで。3月7日に土星が水瓶座から抜けて、3月24日に冥王星が水瓶座入りする3月は、大きな節目になりそうです。


| | コメント (0)

2023年1月11日 (水)

下弦の月

2023年1月15日午前11時台に、山羊座の太陽と天秤座の月が90度になり、新月に向かう下弦の月になります。

今回の下弦の月は、公的な部屋(9から11ハウス)に多くの星が集まり、太陽と冥王星が月と不調和の角度を作りながら、海王星と調和の角度を作っていることが特徴。

政府の意思と民意の食い違いを雰囲気作りで埋め合わせするような星回りです。

F2158dc43b104e179e37fba0d8187e67


| | コメント (0)

2023年1月 9日 (月)

2023年の順行は双子座の火星から

2023年1月13日午前5時台に、2022年10月30日から双子座で逆行していた火星が順行へ。

山羊座の水星が1月18日、牡牛座の天王星が1月23日に順行に戻り、1月24日から牡牛座で水星が逆行する4月21日まで、全ての星が順行します。

この間、土星が水瓶座から抜ける3月7日から冥王星が水瓶座に入る3月24日は、特別な時。

今後主流になるであろう価値観がわかりやすい型で提示されそうです。

| | コメント (0)

2023年1月 4日 (水)

2023初満月@蟹座の月

2023年1月7日午前8時台に、山羊座の太陽と蟹座の月が180度になり、2023年初の満月になります。

今回の満月は、ホロスコープの下部分。12ハウスから6ハウスで全ての調和の配置。

太陽・水星と月の緊張を海王星・天王星が調停。金星と火星、木星と冥王星もそれぞれ調和の角度を作っているため、何があっても大丈夫なゆるやかな星回りです。


D9e196a722fd4e04a0beee8d98bfc5e8

| | コメント (0)

より以前の記事一覧