« 太陽が獅子座へ | トップページ | 木星が再び水瓶座へ »

2021年7月23日 (金)

満月@水瓶座の月

2021年7月24日午前11時台に、獅子座の太陽と水瓶座の月が180度になり、満月になります。

今回の満月図は、以下の2点が主な特徴。

9ハウスから11ハウス(表舞台)に並んだ水星・太陽・火星・金星と3ハウスから4ハウス(裏舞台)に並んだ冥王星・月・木星が対立の角度を作っていること。

9ハウス(インターネット)の水星と3ハウス(マスコミ)の冥王星(再生)の緊張を5ハウス(オリンピック)の海王星(夢)が緩和していること。

緊張ムードに包まれそうな星回りです。

話は逸れますが、オリンピックは開催日7月23日の翌日7月24日が満月、閉会日の8月8日が新月。

パラリンピック開催日8月24日の前々日8月22日が満月、閉会日9月5日の翌々日9月7日が新月。

一年遅れて開催される東京オリンピック2020は、新月から満月の種まき段階ではなく、満月から新月の収穫段階を2回繰り返します。

プラス要素の多い収穫のオリンピックとなりますように。


67c67d8562304f3da0867bf198786ed9

|

« 太陽が獅子座へ | トップページ | 木星が再び水瓶座へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。