« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月29日 (火)

土星が順行へ

2020年9月29日午後2時台に、土星が山羊座で順行になりました。

冥王星が順行する10月4日から

土星が水瓶座入りする12月17日まで

山羊座に揃った木星・土星・冥王星が全て順行して本領発揮。

社会システムの立て直しが急速に進みそうです。


| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

水星が蠍座へ

2020年9月27日午後4時台に、水星が天秤座から蠍座に入ります。

2020年の水星は12月1日まで蠍座と天秤座を行ったり来たり。

10月14日から蠍座で逆行を開始、10月28日に再び天秤座入り、11月4日に天秤座で順行に戻り、11月11日に再び蠍座入り、12月2日に射手座に入ります。

情報とビジネスの星・水星が、蠍座で順行中に牡牛座の天王星と180度の角度を作る10月8日前後、蠍座で逆行中に180度の角度を作る10月20日前後と11月17日前後。

天秤座に戻った逆行中の水星が山羊座の土星と90度の角度を作る11月1日、順行中の水星と山羊座の土星が90度の角度を作る11月6日と7日。

日本では、11月1日は明治神宮鎮座100年の日、11月3日は明治天皇の誕生日、海外ではアメリカ大統領選挙。

10月から11月、政治経済が大きく動きそうな星回りです。

 

 

 

| | コメント (0)

上弦の月

2020年9月24日午前10時台に、天秤座の太陽と山羊座の月が90度になり、満月に向かう上弦の月になります。

今回の上弦の月は、2ハウス(経済)の木星・土星・冥王星、5ハウス(投資)の火星、11ハウスの水星(情報)が緊張のTスクエアを作っていること、10ハウス(政府)の太陽が2ハウス(経済)の冥王星(再生)と調和の角度を作っていることが特徴。

金融関係で再生や再編の動きがありそうな星回りです。

 

Fqrmoon-9242020

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

太陽が天秤座へ 2020年秋分図

2020年9月22日午後10時台に太陽が天秤座に入ります。

秋分から冬至までの3ヵ月間の世の中の動きを表している秋分図。

2020年は、春分図・夏至図・秋分図のアセンダント(現状)が全て蟹座(国民の意識)。

蟹座の守護星・月の影響力大。

満ち欠けする月の特徴。環境に感化されやすく移ろいやすい心の動きが強調されています。

冬至図のアセンダントは自我の星座・獅子座。

獅子座の守護星・太陽(自我)がコロナの夢(海王星)から現実に目覚めることになるのでしょうか。

秋分図は、5ハウス(娯楽・投機・株)の水星(情報)、8ハウス(保険・給付金・外国経済)の冥王星(再生・破壊と創造)、11ハウス(国

庫・議会・歳費・友好国)の火星(争い・戦い)が緊張と問題提起のTスクエアを作っていることが目立つ特徴です。

 

 

Shubun-2020

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

新月@乙女座の月

2020年9月17日午後7時台に、太陽と月が乙女座で重なり新月になります。

今回の新月図は、5ハウス(娯楽・投資)の太陽と月が9ハウス(貿易・法律)の木星・土星・冥王星と調和の角度、11ハウス(議会・友好国)と緊張の角度を作っていることが特徴。

新月の前日には新内閣の誕生もあり、内外から横槍が入りつつ、再生が着実に進んでいく建設的な星回りです。

 

New-moon-9172020

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

木星が順行へ

2020年9月13日午前9時台に山羊座の木星が順行に戻ります。

8月15日の牡牛座の天王星が逆行開始から、動きの遅い公的な事柄に影響する外惑星(木星・土星・天王星・海王星・冥王星)が全て逆行していましたが、9月13時の木星の順行、9月29日の土星の順行、10月4日の冥王星の順行、11月29日の海王星の順行、年を越して、2021年1月14日の天王星の順行から、2021年4月28日まで外惑星が全て順行します。

山羊座に木星・土星・冥王星が揃っている状態での逆行期間(7月2日から9月13日まで)は、社会の仕組みが根本的に再編される最重要な時期です。


| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

下弦の月

2020年9月10日午後6時台に、乙女座の太陽と双子座の月が90度になり、新月に向かう下弦の月になります。

今回の下弦は、以下2点が主な特徴。

6ハウス(公衆衛生・労働)の太陽(国家)が10ハウス(政府)の木星・冥王星・土星(発展・再生・責任)と調和の角度を作っていること。

3ハウス(マスコミ)の月(国民)が6ハウスの太陽(国家)と12ハウス(隠し事)の海王星(混乱)が不穏なTスクエアを作っていること。

情報とのつきあい方が国家と国民の未来を左右するような星回りです。

 

Lqrmoon-9102020_0001

| | コメント (0)

火星が逆行開始

2020年9月10日午前9時台に、火星が牡羊座で逆行を開始します。

9月10日から9月13日午前9時台に木星が順行に戻るまでのほぼ3日間、火星と外惑星(木星・土星・天王星・海王星・冥王星)、計6つの星が逆行します。

時代の変化に関する重大な発表や動きがあるかもしれません。

火星は、11月14日に牡羊座で順行に戻り、2021年1月7日に牡牛座に入ります。


| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

水星は天秤座に 金星は獅子座へ

2020年9月6日午前4時台に水星が天秤座入り。午後4時台には金星が獅子座入り。

水星は、9月18日に山羊座の木星、21日に山羊座の冥王星、24日に山羊座の土星、25日に牡羊座の火星とそれぞれ不調和のスクエアを作りながら、9月27日に蠍座入り。

金星は、9月16日に牡牛座の天王星と不調和のスクエア、29日に牡羊座の火星と調和のトラインを作りながら、10月3日に乙女座に入ります。

動き速い水星と金星が木星・土星・天王星・冥王星を刺激する星回り。時代の変化をより身近に実感することになりそうです。

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

満月@魚座の月 火星以外土と水

2020年9月2日午後2時台に、乙女座の太陽と魚座の月が180度になり、満月になります。

今回の満月は、4つの特徴があります。

1.火星の除いた全ての星が土と水のサインに入っていること。

2.1ハウス(現状)の木星・土星・冥王星、5ハウス(株式・投資)、8ハウス(税金・保険)の太陽が、地のサインの調和のグランドトライン状態になっていること。

3.2ハウス(経済)の月と海王星が7ハウス(外交)の金星と水のサインの調和の角度を作っていること。

4.5ハウス(株式・投資)の火星が1ハウス(現状)の木星・土星・冥王星と7ハウス(外交)の金星と不調和のTスクエアを作っていること。

世界規模の経済的プロジェクトが始まるような星回りです。

 

Full-moon-922020 

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »