« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月28日 (日)

上弦の月

2020年6月28日午後5時台に、蟹座の太陽と天秤座の月が90度になり、満月に向かう上弦の月になります。

今回の上弦の月は、午前中に牡羊座入りした火星が太陽・月と国土・政治・外交に関係する4・7・10ハウスでTスクエアの配置を作っていること。

月・金星・土星の調和の風の星座(情報)のグランドトラインが金銭や仕事に関係する2・6・10ハウスで作られていること。

アセンダント・射手座の守護星・木星と天頂・天秤座の守護星・金星が調和の角度を作っていること。

6月30日に2回目のコンジャンクションになる逆行中の木星・冥王星(13年サイクルの景気の波・世界経済の切り替え)が、2ハウス(経済)に入っていること。

以上の4点が主な特徴。

外交面で色々ありそうですが、華やかで景気が上向くような星回りです。

 

Fqrmoon-6282020

 

 

 

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

火星が牡羊座へ

2020年6月28日午前10時台に、火星が守護星座・牡羊座に入ります。

山羊座の木星・土星・冥王星を刺激しながら、2021年1月7日に牡羊座に入ります。

6月21日は早朝に夏至で午後に新月でしたが、6月28日は午前中に火星の牡羊座入り、夕方に上弦の月になります。

| | コメント (0)

金星が順行へ

2020年6月25日午後3時台に、5月13日から双子座で逆行していた金星が順行に戻ります。

 

 

 

| | コメント (0)

海王星が逆行へ そして今後の星の動き

2020年6月23日午後1時台に、海王星が魚座で逆行を開始しました。

動きの遅い5つの星(木星・土星・天王星・海王星・冥王星)のうち、天王星を除いた4つの星が逆行する6月23日から8月14日まで。

5つの星が全て逆行する8月14日から9月12日まで。

過去を再現するような出来事が多そうな星回りです。

 

新月と日食が重なる非常に珍しい2020年の夏至。

 

春分図と夏至図のアセンダントはどちらもカーディナルサイン、蟹座28度。

天頂はカーディナルサイン、牡羊座の17度と16度。

8月中旬から10月初旬に、牡羊座の天頂に逆行中の山羊座17度の木星がスクエア。

7月中旬から7月末月まで、蟹座のアセンダントに逆行中の山羊座の土星がオポジション。

 

そして注目は火星の動き。

6月28日から2021年1月7日まで、牡羊座に長期滞在する火星は、

7月末と10月後半から12月初頭に、牡羊座16度から17度の天頂にコンジャンクション。

9月中旬と2021年1月初頭に、蟹座28度のアセンダントに順行と逆行でスクエア。

 

上記の時期は、要注意時期。

なるべく小規模に穏やかに過ぎていくことを望みます。

 

 

| | コメント (0)

2020年6月19日 (金)

新月@蟹座の月

2020年6月21日午後3時台に、太陽と月が蟹座で重なり、新月になります。

今回の新月図は、8ハウス(外国経済)の太陽と月が5ハウス(投機)の火星・海王星と緊張の角度を作っていることが特徴。

2020年は夏至と新月が同じ日。

月以外の星がほぼ同じ星座と度数になりますが、時間が違うと違う雰囲気のホロスコープにみえます。

 

Newmoon-6212020

| | コメント (0)

太陽が蟹座へ 2020夏至図

2020年6月21日午前6時台、太陽が蟹座に入ります。

2020年の夏至図は、11ハウス(国庫)の月(アセンダントの守護星)が9ハウス(外国)の火星・海王星と厳しい角度を作っていることが特徴。

海外の情勢に振り回されるような星回りです。

 

Geshi-2020

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

水星が逆行開始

2020年6月18日午後2時台に、水星が蟹座で逆行を開始。7月12日に順行に戻ります。

逆行中の水星が太陽と重なる7月1日~2日は情報・通信・交通関係の乱れに注意。時間に余裕のある行動を。

| | コメント (0)

下弦の月

2020年6月13日午後3時台に、双子座の太陽と魚座の月が90度になり、新月に向かう下弦の月になります。

今回の下弦の月は、8ハウス(外国経済)の太陽が5ハウス(株式)の月・火星・海王星と不調和の角度を作っていることが特徴。

海外を中心に経済関連が混乱しそうな星回りです。

 

Lqrmoon-6132020

| | コメント (0)

2020年6月 5日 (金)

満月@射手座の月

2020年6月6日午前4時台に、双子座の太陽と射手座の月が180度になり、満月になります。

今回の満月図は、太陽・金星、月、火星・海王星のミュータブルサインのTスクエアが1ハウス・7ハウス・9~10ハウスで作られていることが特徴。

国々の駆け引きに日本の内政が翻弄されそうな星回りです。

 

Fullmoon-662020

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »