« 水星が牡牛座へ | トップページ | ドラゴンヘッドが双子座へ »

2020年4月30日 (木)

上弦の月

2020年5月1日午前5時台に、牡牛座の太陽と獅子座の月が90度になり、満月に向かう上弦の月になります。

今回の上弦の月は、12ハウス(隠れた物事)の太陽(政府)・水星(情報)・天王星(緊急事態)が9ハウス(外国)の土星(困難)と4ハウス(国土)の月(国民)に対して緊張の角度を作っていること。1ハウス(国民の状況)に入っているアセンダント(現状)の守護星・金星(金銭)が10ハウス(政府)の火星(行動力)と調和の角度を作っていること。以上の2点が主な特徴。

国内外の緊張が続く中、給付金が支給されていくような星回りです。

定着サイン(牡牛座・水瓶座)で火星と土星(停止)と天王星(緊急事態)が緊張の配置を作る3月31日~5月13日は停止期間。

土星が水瓶座で逆行を開始する5月11日、火星が魚座入りする5月13日、太陽が双子座入りする5月20日、太陽が蟹座入りする6月21日、土星が山羊座入りする7月2日が解除の鍵。

 

Fqr-moon-202051

 

|

« 水星が牡牛座へ | トップページ | ドラゴンヘッドが双子座へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。