« 水星が蠍座へ | トップページ | 海王星が順行へ »

2014年11月14日 (金)

下弦の月

11月15日午前0時台に、蠍座の太陽と獅子座の月が90度になり、新月に向かう下弦の月になります。

今回の下弦の月の星回りは、ふたつのスクエアが作られていることが特徴。

太陽・土星と月・木星のスクエアとドラゴンヘッドを含めるとTスクエアになりますが、火星・冥王星と天王星のスクエア。

意識の星・太陽は制限の星・土星と重なり、無意識の星・木星は拡大の星・木星と重なり、相容れない角度を作っています。

慎重だけどツメが甘い。

緊張が続くとどこかで発散したくなりますが、ガス抜きの方法が良くないのかも。

というような解釈も出来ます。

これから11月22日新月にかけて、トラブルメーカー火星が天王星・冥王星と緊張の角度を作るため、荒れ模様の星回りが続きます。

下弦の月 (2014.11.15 Tokyo)

Lastqtr_moon_11152014
(無断転載不可  何卒ご了承ください)

|

« 水星が蠍座へ | トップページ | 海王星が順行へ »