« 上弦の月を挟んで金星と水星が射手座へ | トップページ | 下弦の月にグランドトライン »

2011年11月10日 (木)

満月@牡牛座の月の前後に海王星の順行と火星の乙女座入り

今週の星の動きをまとめて3つ。

1つ目は、11月10日午前3時台に、海王星が順行に戻ったこと。

2011年4月4日に魚座入りした海王星は、6月3日に魚座で逆行を開始、8月5日に再び水瓶座入り、11月10日に水瓶座で順行に戻り、2012年2月4日に魚座に入り。海神の星・海王星の星座・魚座に2026年1月27日まで滞在します。

2つ目は、11月11日午前5時台に、蠍座の太陽と牡牛座の月が180度になり、満月になること。

今回の満月図は、グランドトライン(正三角形)が作られていることが特徴。

木星・火星・冥王星のグランドトラインは、エネルギーの星・火星のパワーを極限(冥王星)まで拡大する(木星)する意味。

涙の度数(各星座の最後の度数29度でゴールを切る寸前のような勢いのある度数)にある火星に対して180度の角度を作る海王星の緊張状態を、木星と冥王星が和らげる配置。王座の星座・獅子座がらみで、クーデターによってパワーバランスが変わるとも読めます。

3つ目は、11月11日午後1時台に、火星が乙女座入りすること。

火星は、2012年7月3日まで8ヶ月余りの期間、乙女座に長期滞在します。

約2年間で12星座を一周する火星は、ひとつの星座に平均して2ヶ月半留まりますが、今回の乙女座滞在は平均の約3倍。

ちなみに前回の長期滞在は、2009年10月17日から2010年6月7日まで、獅子座に留まっていました。

乙女座の管轄、健康と労働に関連する分野に火星の鋭い突っ込みが入っていくことになりそうです。乙女座男子は仕事運、乙女座の女子は異性運が強まる時期です。

満月@牡牛座の月(2011.11.11 Tokyo)

Fullmoon_11112011

火星の乙女座入りのホロスコープ(2011.11.11 Tokyo)

Mars_enters_virgo_2011

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 上弦の月を挟んで金星と水星が射手座へ | トップページ | 下弦の月にグランドトライン »