« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月26日 (木)

満月@魚座の月

昨日のことになりましたが、8月25日午前2時過ぎに、乙女座の太陽と魚座の月がぴったり180度になり、満月になりました。

今回の満月図は、9月23日満月まで続く、木星・土星・天王星・冥王星によるTスクエア(直角三角形)が作られていることに加えて、シーソーパターンが作られていることが特徴。

シーソーパターンとは、2つの星のグループが向かい合わせになっている星の配置。

シーソーパターンは、矛盾と葛藤。今回は、乙女座から天秤座の太陽グループ(太陽・水星・土星・火星・金星)と山羊座から牡羊座の月グループ(冥王星・海王星・月・天王星・木星)の2つのグループが向かい合わせに配置されています。

木星・土星・天王星・冥王星のTスクエアと太陽と月・海王星の180度の対立をつないでいるのは、山羊座の再生の星・冥王星。様々な矛盾や葛藤があぶりだされてリセットされていくような星の配置。態度や考え方が真逆に急変して自分も周りもびっくりするかもしれませんが、自分の本音に気付いて正直になれるチャンス。増やすより減らして身軽になれそう。

満月@魚座の月(2010.8.25 Tokyo)

Full_moon_8252010

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

2010年8月24日 (火)

処暑に太陽が乙女座へ

昨日のことになりましたが、8月23日午後2時台に、太陽が乙女座へ。暑さが峠を越えて衰退し始めるという24節気の処暑を過ぎても、まだまだ猛暑の勢いは衰えず。

今月の星占い(2010年8月23日~9月22日まで)、1日遅れになりましたが、さきほどアップロードしました。

|

今月の星占い(2010年8月23日~9月22日まで)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

牡羊座(3月21日~4月20日生まれの人)

全体運

細かい用事が増えて気持ちが落ち着かないと
き。欲張らないで順次対応していくこと。

愛情運

実りのあるとき。マリッジブルーが心配です
が現実を少しづつ受け入れていくことで安定。

仕事運

仕事内容や得意先が変わってリフレッシュさ
れそう。取り越し苦労しないで流れに任せて。

幸運の鍵

野菜

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

牡牛座(4月21日~5月21日生まれの人)

全体運

賑やかですが気苦労が多いとき。自分に甘く
他人に厳しくならないで。批判的目線は厳禁。

愛情運

さばさばした態度をとりやすく情熱を包み隠
す傾向。ただし逃した魚に後悔は無用です。

仕事運

二転三転。ころころと予定が変わりやすくあ
たふたしないように。腹を据えて対応を。

幸運の鍵

ゲーム

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

双子座(5月22日~6月21日生まれの人)

全体運

横這い状態ですが慌てないでのんびりと。自
己分析は空回りを手助け。楽しみを探して。

愛情運

恋に恋して不完全燃焼。先走りは一か八かの
着地点へ。他に目を向けてバランスをとって。

仕事運

諦めかけていた仕事がうまくいくかも。交渉
はサクセス要素大ですがリスクを負う覚悟で。

幸運の鍵

地元

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

蟹座(6月22日~7月22日生まれの人)

全体運

気まぐれな行動が活路を拓いてくれそう。好
きなことに夢中になるといいことがあるかも。

愛情運

失うと得るとき。執着すると堂々巡り。愛情
のデトックス。埃や垢を取り除いてすっきり。

仕事運

脱線しながら日々の仕事に追われそう。息抜
きが怠け癖を誘発。引き締める所はびしっと。

幸運の鍵

おもちゃ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

獅子座(7月23日~8月22日生まれの人)

全体運

視野が狭くなりがち。決めつけはストレスの
元凶。他人に対して寛容な気持ちをもつこと。

愛情運

煮え切らない態度でバリアを張ってしまいそ
う。わかりやすい愛情表現が伝わります。

仕事運

先回りして考え方を固めると崩れたときが心
配。臨機応変な対応に心掛けるとスムーズに。

幸運の鍵

スィーツ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

乙女座(8月23日~9月23日生まれの人)

全体運

事情と思いが錯綜しながら新しい道を探すと
き。打算と駆け引きは必要最低限に抑えて。

愛情運

決意を固めるとき。書類は書き直しや記入ミ
スに注意。周囲の挑発に乗らないで秘密裏に。

仕事運

チャンスを活かしきれないとき。それなりに
力を発揮することが一番。野心はマイナス。

幸運の鍵

初物

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

天秤座(9月24日~10月23日生まれの人)

全体運

自立心や責任感でプレッシャーが強まりそう。
後悔より反省点を探して改善すると有益です。

愛情運

再会や癒着が縛りを生むとき。なりゆきまか
せの恋はグズグスとルーズに流されがち。

仕事運

停滞中のプロジェクトは強引に進めないで様
子を。利害関係の帳尻が合わせることが必要。

幸運の鍵



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

蠍座(10月24日~11月22日生まれの人)

全体運

交遊関係が賑やかになりますがハプニングを
偶発。イメージに振り回されがち。現実的に。

愛情運

リニューアルオープン。恋のアンテナの感度
を意識してあげること。狭めないで移り気に。

仕事運

出口の見えないトンネルを通過中。不安を自
信に変換するために試練の時を体験すること。

幸運の鍵

活気のある場所や人

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

射手座(11月23日~12月21日生まれの人)

全体運

自己流の解釈で偏った考え方をしがち。意固
持にならないで異なる意見に耳を傾けること。

愛情運

狭く深い関係にはまりやすく要求が強すぎる
と空振りになりそう。さりげなさが大切です。

仕事運

言行不一致が許されないとき。言葉を選んで
慎重に。慇懃無礼にならないように注意。

幸運の鍵

苦味

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

山羊座(12月22日~1月20日生まれの人)

全体運

勢いがありますが準備が足りないとき。他人
の都合を再優先。一気に熱くならないこと。

愛情運

カップルは公的なイメージが決まるとき。い
きさつは上手にカモフラージュすること。

仕事運

転職や異動でレベルアップするチャンス。誉
められて伸びますがあまのじゃくはマイナス。

幸運の鍵

スパイス

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

水瓶座(1月21日~2月18日生まれの人)

全体運

空気を読み間違うと脱線。理屈は通用しませ
ん。適度な距離を保ちながら深入りしないで。

愛情運

先行き不透明な関係はオープンにならないよ
うに警戒。急がないで時間をかけて育むこと。

仕事運

停滞しているプランは後ろ向きになると終息
へ。無理をしないで良い流れを待つこと。

幸運の鍵

発酵食品

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

魚座(2月19日~3月20日生まれの人)

全体運

変化球が飛んでくるとき。狙い過ぎるとアウ
ト。感情的になると不利。客観的になって。

愛情運

嫉妬深さと独占欲で自滅しないように。他人
事のような気楽なスタンスが良い関係に。

仕事運

意見を押し付けると失敗。交渉は受け身で柔
軟に対応すると有利な展開になっていきます。

幸運の鍵

アート

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

|

2010年8月20日 (金)

乙女座の水星が逆行へ

明日8月21日午前5時頃に、乙女座の水星が逆行を開始。9月13日に順行に戻り、10月4日に天秤座に入ります。

8月21日から9月13日は、2010年の中で一番逆行する星が多くなる時期。星占いで使う10の星のうちの半分にあたる5つの星(水星・木星・天王星・海王星・冥王星)が逆行します。

「逆行」は、見かけ上後ろ向きに進んでいるように見えること。星の力が外向きではなく内向きになるという解釈がありますが、ネジが緩んでいるような状態にみえるけれど、目立たない部分でしっかりとした動きがあるというようなニュアンスでしょうか。

今月の星占い(2010年8月23日~9月22日まで)は、23日頃にアップロード予定です。

|

2010年8月18日 (水)

上弦の月に2つのTスクエア

8月17日午前3時台に、獅子座の太陽と蠍座の月がぴったり90度になり、満月に向かう上弦の月になりました。

今回の上弦の月のホロスコープは、二種類のTスクエア(直角三角形)が作られていることが一番の特徴。

太陽・月・海王星によるTスクエアと、最近おなじみの木星・土星・天王星・冥王星によるTスクエア。

太陽と月と海王星の組み合わせは、パートナーや友人との関係が不透明になるという意味。いまもっともかかわりの深い人との関係がこじれやすく、分かり合えないという不安がエスカレートしがち。8月25日満月を過ぎる頃までは、感情的な発言を抑えて適度な距離と温度差を保ちながら、お互いの状況や気分の変化を待つのが懸命です。

上弦の月のホロスコープ(2010.8.17 Tokyo)

The_first_qtr_moon_8172010

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

2010年8月16日 (月)

天王星が再び魚座へ

一昨日のことになりましたが、8月14日12時台に、天王星が再び魚座へ。

改革の星・天王星は、2011年3月12日に再び牡羊座入りしたのち、2019年3月6日に牡牛座入りするまで、牡羊座の人に影響を与え続けます。

天王星が魚座に戻ったとたんに再び猛暑へ。昨日今日と35度以上の酷暑の熱帯夜。暑さが極まったあとに涼しくなるといいのですが。

8月11日の表参道の一日限定のカフェイベントは入れないお客様が続出する大繁盛。おかげさまで占いも大盛況。食事をする暇もなく6時間くらい、久しぶりに占い続けてました。ご来場のみなさま、入れなかったみなさまも、ありがとうございました。

|

2010年8月10日 (火)

新月@獅子座

本日8月10日正午過ぎに、獅子座で太陽と月が重なり、新月になりました。

今回の新月図は、Tスクエア(直角三角形)とヨード(Y字形)に似た星の配置が作られていることが特徴。

金星・火星・木星・土星・天王星・冥王星によるTスクエア(直角三角形)と太陽・月・木星・天王星・冥王星によるヨード(Y字形)に似ている星の配置。

ヨードとは、60度と150度の2つの角度が組み合わさって、Y字形になる星の配置で、神の手・宿命のアスペクトといわれている星の配置。

今回のヨードに似ている星の配置は、90度の角度を作りあっている牡羊座の木星・天王星と山羊座の冥王星が、獅子座の太陽と月に対してそれぞれ150度の角度を作っています。

結婚(太陽と月)、突然の幸運(木星・天王星)、再生(冥王星)の組み合わせは、突然の結婚・引退・復活という意味ですが、祝福や歓迎される要素大。

お盆ウィークに入り、少しだけ暑さがやわらいできましたね。明日は一日限定でオープンする表参道のカフェでタロット占いをします。星占いのデータをベースにした通常の鑑定とは一味違う占いになる予定ですが、イベントは久しぶりだからさてどうなることやら…。流れとノリを大切にしながら、少しでも楽しんでいただけるようにしたいです。

新月@獅子座の月(2010.8.10 Tokyo)

New_moon_8102010

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

2010年8月 6日 (金)

立秋に金星が天秤座へ

猛暑が続いていますが、明日は立秋。8月7日12時台に、金星が天秤座に入ります。

ラブ&マネー&アートの星・金星は牡牛座と天秤座の守護星。1年に1度、天秤座の本拠地に戻った金星は、9月9日に蠍座に入ります。

2010年の金星の天秤座入りのホロスコープは、ドラマティックな星の配置。グランドクロス(十字形)が出現。

月が双子座から蟹座を通過する8月6日夕方から8月7日にかけて、月・金星・火星・木星・土星・天王星・冥王星の7つの星によるグランドクロスが作られます。

意識の星・太陽が参加していないため、現実的に何かが起こるというよりは、月の無意識が主導権を握るため、気分的な緊張感が強まりそう。リラックスに心掛けましょう。

金星の天秤座入りのホロスコープ(2010.8.7 Tokyo)

Venus_enters_laibra_2010

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

2010年8月 3日 (火)

下弦の月にグランドトラインとTスクエア

8月3日午後1時台に、獅子座の太陽と牡牛座の月がぴったり90度になり、新月に向かう下弦の月になります。

今回の下弦の月のホロスコープは、グランドトラインとTスクエアが作られていることが一番の特徴。

金星・火星・木星・土星・天王星・冥王星によるTスクエア(直角三角形)と月・水星・ドラゴンヘッド(太陽と月の通り道の交わる点のひとつ)によるグランドトライン(三角形)

グランドトラインは、状況に流される受動的な性質。Tスクエアは、状況を変える能動的な性質。この2つの性質が同時に発生するため、他力と自力のせめぎあいがありそうです。

木星・土星・天王星・冥王星によるTスクエアの仲間に火星と金星が立て続けに参加していく7月末から8月前半。いきあたりばったりの大胆な行動がアクシデントを誘発しやすい星の配置が続くため、個人的には、普段よりも用心深い守りの姿勢が必要な時期です。

このところ、芸能・音楽関係の大物の休養など、ひとつの時代を象徴する存在に相次いで予想外の出来事が起こっていますが、従来の枠組みが強制的に仕切りなおしされているように思います。我欲による妄想がついついストレスを増やしてしまいそう。突き詰めるタイプの人は、我が事ながら他人事のような第三者的目線とユーモアで、努めて軽く流していきますように。

下弦の月のホロスコープ(2010.8.3 Tokyo)

The_last_qtr_moon_832010_2

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »