« シーソーパターンな上弦の月 | トップページ | 金星の牡羊座入りと下弦の月 »

2010年3月 2日 (火)

満月@乙女座の月と水星の魚座入り

3月1日午前1時台に、魚座の太陽と乙女座の月がぴったり180度になり、満月になりました。そして同日22時台には、水星が魚座入りして、3月7日に金星が牡羊座入りするまでの6日あまりの間、星占いで使う10の星のうちの半分にあたる5つの星(太陽・水星・金星・木星・天王星)が魚座に揃います。

今回の満月図は、シーソーパターンが作られていることが一番の特徴。

シーソーパターンとは、2つの星同士のグループが向かい合わせになっている星の配置。

昨年の12月16日の新月以降、新月・上弦の月・満月・下弦の月でシーソーパターンあるいはシーソーパターンもどきが作られる回数が増えていますが、この状況は、4月14日新月まで続きます。

今回の満月図では、獅子座の火星と乙女座の月と天秤座の土星との3つの星のグループと、山羊座の冥王星と水瓶座の水星・海王星と魚座の太陽・金星・木星・天王星の7つの星のグループが、向かい合わせに配置されています。

矛盾と葛藤のエネルギーを作るシーソーパターン。水瓶座から魚座にかけて6つの星が集中する影響で、3月前半から中旬頃まで、水瓶座と魚座の人は、良くも悪くもパワフルな時期。獅子座と乙女座の人は、向かい風が強い時期になるでしょう。

3月1日に魚座入りした水星は、魚座をスピーディーに駆け抜けて、3月18日に牡羊座に入ります。

左下は満月図@乙女座の月(2010.3.1 Tokyo)、右下は水星の魚座入りのホロスコープ(2010.3.1 Tokyo)

Full_moon_312010_2 Mercury_enters_pisces_2010_2

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« シーソーパターンな上弦の月 | トップページ | 金星の牡羊座入りと下弦の月 »