« 今月の星占い(2010年2月19日~3月20日まで)uplordしました。 | トップページ | 満月@乙女座の月と水星の魚座入り »

2010年2月24日 (水)

シーソーパターンな上弦の月

2並びの日、2月22日朝9時台に、魚座の太陽と双子座の月がぴったり90度になり、満月に向かう上弦の月になりました。

今回の上弦の月の星回りは、シーソーパターンが作られていることが一番の特徴。

シーソーパターンとは、2つの星同士のグループが向かい合わせになっている星の配置。

昨年の12月16日の新月以降、新月・上弦の月・満月・下弦の月でシーソーパターンあるいはシーソーパターンもどきが作られる回数が増えていますが、この状況は、4月14日新月まで続きます。

上記の期間中に、シーソーパターンが多く作られる原因は、獅子座の火星と天秤座の土星のグループに対して、その他7つの星(太陽・水星・金星・火星・木星・天王星・海王星・冥王星)が射手座から牡牛座の間に集まりグループ化して、2つの星のグループに分かれるという下地が出来るため。

今回の上弦の月では、双子座の月・獅子座の火星と天秤座の土星の3つの星のグループと、山羊座の冥王星と水瓶座の水星・海王星と魚座の太陽・金星・木星・天王星の7つの星のグループが、向かい合わせに配置されています。

シーソーパターンは、矛盾と葛藤。今回のシーソーパターンは180度の角度をもたない正面衝突のないゆるい配置。

水瓶座と魚座に、星占いで使う10の星のうちの6つの星(太陽・水星・金星・木星・海王星・天王星)が集まるため、獅子座と乙女座の人は、強烈な外圧にあおられてあたふたする時期になるのかもしれません。

上弦の月のホロスコープ(2010.2.22 Tokyo)

The_first_qtr_moon_2222010_2

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 今月の星占い(2010年2月19日~3月20日まで)uplordしました。 | トップページ | 満月@乙女座の月と水星の魚座入り »