« 小寒を過ぎて下弦の月 | トップページ | 木星の魚座入りと金星の水瓶座入り »

2010年1月15日 (金)

新月@山羊座の前後に土星の逆行と水星の順行

最近の星の動きをまとめて3つ。

1月14日午前0時台に、天秤座の土星が逆行を開始。本日1月15日16時台に、山羊座で太陽と月が重なり、新月に。そして、明日1月16日午前1時台に、水星が順行になります。

昨年2009年10月30日に天秤座入りした土星は、2010年1月14日から逆行を始めて、2010年4月8日に再び乙女座に戻り、2010年5月31日に順行になり、2010年7月22日に再び天秤座に入り、2012年10月6日に蠍座入りするまでの約2年3ヶ月あまりの期間、天秤座に留まります。

今回の新月図は、元旦の満月と1月7日下弦の月と同様にカーディナルサインに多くの星が集まっていることが一番の特徴。

カーディナルサイン(活動的な性質が強い4つの星座、牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)に、星占いで使う10の星のうち6つの星(天秤座の土星、山羊座の冥王星・水星・太陽・月・金星)が揃っていて、魚座の天王星が、山羊座の太陽と月と金星に対して、60度の穏かな角度を作っています。

60度はコミュニケーションの角度。ロマンティックな解釈ですが、意識(太陽)と無意識(月)と芸術(金星)が、天王星(革命)と会話するとも読めます。

昨年末の12月26日から逆行していた山羊座の水星は、1月16日に順行に戻り、2月10日水瓶座に入ります。

天文学の話ですが、本日夕方に西日本で部分日食があった模様。占星学でこのことを簡単に説明すると、太陽と月が重なる新月、あるいは太陽と月が180度の配置になる満月の側にドラゴンヘッド(太陽と通り道の黄道と月の通り道の白道が交わる点)がある場合、前者が日食で後者が月食になります。

木星が魚座に入りする来週の月曜日(1月18日)はもうすぐ。木星の魚座入りのカウントダウンが始まりました。

新月図@山羊座の月(2010.1.15 Tokyo)

New_moon_1152010

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 小寒を過ぎて下弦の月 | トップページ | 木星の魚座入りと金星の水瓶座入り »