« 上弦の月と水星の順行 | トップページ | 下弦の月の前後に水星の天秤座入りと木星の順行 »

2009年10月 4日 (日)

仲秋の名月の翌日は満月@牡羊座の月

昨夜は仲秋の名月。日中、晴れたり曇ったりと不安定な天気でしたが、夜は、時折雲にさえぎられながらも丸い月の姿をみることが出来ました。そして、本日10月4日15時台に、天秤座の太陽と牡羊座の太陽がぴったり180度になり、満月になりました。

今回の満月図は、9月19日の新月、9月26日上弦の月と同じシーソーパターンと呼ばれる星の配置になっていることが一番の特徴。

シーソーパターンとは、2つの星同士のグループが向かい合わせになっている星の配置。

今回の満月図では、蟹座の火星・乙女座の金星、水星、土星・天秤座の太陽の5つの星のグループと、山羊座の冥王星・水瓶座の木星、海王星・魚座の天王星、牡羊座の月までの5つの星のグループが、向かい合わせに配置されています。

10月に入り、ではなく、9月30日にスマトラ島で大きな地震。(2009.10.5 訂正)10月30日に、2007年9月2日以降乙女座に留まっていた土星が、ほぼ2年ぶりに星座移動して天秤座に入り、山羊座の冥王星と90度の角度を作ります。土星と冥王星の組み合わせは、現実を形作る最強の力という意味。

2007年9月以降、乙女座の土星の影響で様々な変化を経験してきた双子座・乙女座・射手座・魚座の人にとって、2009年10月は、節目の時期になるかもしれません。

満月@牡羊座の月(2009.10.4 Tokyo)

Full_moon_1042009

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 上弦の月と水星の順行 | トップページ | 下弦の月の前後に水星の天秤座入りと木星の順行 »