« シーソーパターンな満月@魚座の月 | トップページ | 逆行の中の水星が再び乙女座へ »

2009年9月11日 (金)

逆行中の水星と下弦の月に冥王星が順行へ

最近の星の動きをまとめて3つ。

1つ目は、9月7日13時台に、天秤座の水星が逆行へ。9月18日に再び乙女座に入り、9月29日に乙女座で順行に戻ること。

2つ目は、明日9月12日午前1時台に、4月5日から逆行していた山羊座の冥王星が順行に戻ること。

3つ目は、明日9月12日午前11時台に、乙女座の太陽と双子座の月がぴったり90度になり、新月に向かう下弦の月になること。

今回の下弦の月は、双子座の月が、乙女座の太陽と土星、魚座の天王星に対してそれぞれ90度づつの角度になり、Tスクエア(直角三角形)が作られていることが一番の特徴です。

突然の停止を意味する土星と天王星の組み合わせを含むミュータブルサイン(双子座・乙女座・射手座・魚座)によるTスクエア(直角三角形)は、移ろいやすく不安定ですが、持久力と持続力に乏しいところが良く言えば憎めない要素かも。

秋の気配を日ごとに感じる今日この頃、今年の菊の節句(9月9日の重陽の日)は、久しぶりに、中目黒にある岩茶房へ。2009年の大紅袍を味わってきました。

下弦の月のホロスコープ(2009.9.12 Tokyo)

The_last_qtr_moon_9122009

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« シーソーパターンな満月@魚座の月 | トップページ | 逆行の中の水星が再び乙女座へ »