« 下弦の月に海王星がらみのTスクエア | トップページ | 新月@獅子座とドラゴンヘッドの山羊座入り »

2009年8月18日 (火)

夏至 2009

お盆を過ぎて、ほぼ2ヶ月遅れになりましたが、「2009年の夏至図」(2009.6.21)について。

マンデン占星学(公的なことを予測する星占い)では、四季図(春分・夏至・秋分・冬至の星の配置)を参考にして年間の予測をします。ちなみに、毎年の太陽が牡羊座に入る日が春分。蟹座に入る日が夏至。天秤座に入る日が秋分。山羊座に入る日が冬至です。

2009夏至図は、魚座の天王星が、蟹座の太陽と冥王星に対して90度づつの角度を作り、Tスクエア(直角三角形)を作っていることが一番の特徴。

改革の星・天王星と再生の星・冥王星と組み合わせは、突然の変化を表します。8月30日の衆議院選挙の結果は、戦後以降続いてきた日本の政治のスタイルを変える契機になりそうな予感もありつつ、夏至(2009.6.21)から秋分(2009.9.23)のほぼ3ヶ月間、固定概念をくつがえすようなサプライズがまだまだ数多くあるのかもしれません。

引越しして、今日で丸2ヶ月。このブログにとっては3年目の秋であるとともに、プロの星占い師になってから丸20年の節目の秋を新しい土地で迎えることが、いま一番嬉しいことです。これからも、移り変わっていく星の動きとともに、のんびりとお付き合いいただけると嬉しいです。

2009夏至図(2009.6.21 Tokyo)

Geshi_2009

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 下弦の月に海王星がらみのTスクエア | トップページ | 新月@獅子座とドラゴンヘッドの山羊座入り »