« 火星と金星が牡羊座へ | トップページ | 水星の双子座入りと上弦の月 »

2009年4月26日 (日)

新月@牡牛座もファン・パターン

昨日のことになりましたが、GW初日の4月25日12時台に、牡牛座で太陽と月が重なり、新月になりました。

今回の新月図は、このところ頻繁にみかけることの多いファン・パターンが作られていることが一番の特徴。

ファン・パターンとは、バケット・パターン(星占いで使う10の星のうちの9つの星がホロスコープの半分に集まり、残りのひとつの星が反対側に単独でいる配置になっていること)にとてもよく似ていますが、バケット・パターンよりもさらに狭い範囲に9つの星が集まっている配置。

今回の新月図では、星占いで使う10のうちの星のなかで、乙女座の土星が孤立。山羊座から牡牛座にかけて残り9つの星(冥王星・木星・海王星・天王星・金星・火星・月・太陽・水星)の順番で星が並んでいます。

これからファン・パターンに近い星の配置が作られるのは、5月17日下弦の月、5月24日双子座の新月、5月31日上弦の月。

国民的アイドルの突然の出来事に驚き、このところニュースに釘付けになっていました。彼の芸能の星・金星が乙女座の土星と厳しい角度になっている最中であり、土星は試練を与えることもありますが、現実世界の中の形を作る星。今回の出来事は、国民的アイドルとしての貫禄を印象付けた感があり、真面目で不器用な懐かしい日本人の姿が重なってみえてきて、しみじみとしたり、「ぷっすま」の「なぎスケコンビ」の復活を早くみたいです。

新月図@牡牛座の月(2009.4.25 Tokyo)

New_moon_4252009

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 火星と金星が牡羊座へ | トップページ | 水星の双子座入りと上弦の月 »