« 春分 2009 | トップページ | 冥王星が逆行を開始 »

2009年4月 3日 (金)

エイプリルフールの翌日は上弦の月

昨日のことになりましたが、4月2日23時台に、牡羊座の月と蟹座の月がぴったり90度になり、満月に向かう上弦の月になりました。

今回の上弦の月の星回りは、乙女座の土星と魚座の火星がほぼ180度になっていることが一番の特徴です。

火星と土星のアスペクト(星同士を結ぶ角度)が、ほぼ180度の許容範囲内の配置になるのは、3月末日頃から4月10日頃まで。

乙女座を逆行中の土星が魚座の火星とぴったり180度になるのは、4月4日深夜から4月6日早朝まで。エネルギーの星・火星と遅延の星・土星の組み合わせは、物事の終了や停止を意味します。この星の配置の影響を受けやすい9月前半生まれの乙女座と3月前半生まれの魚座の人は、4月前半中に曖昧なことにケジメがついて、現実を直視することになるかもしれません。

上弦の月のホロスコープ(2009.4.2 Tokyo)

The_first_qtr_moon_422009

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

年に一度だけの満開の桜の季節。近所の桜も身頃ですが、先日は駒込「六義園に「しだれ桜」のライトアップをみてきました。

ライトアップ中はあまりの人だかりに、写真を撮ることに気がひけてしまいました。全容がとれなくて残念ですが、ライトアップ直前のしだれ桜のしだれた部分。

2

|

« 春分 2009 | トップページ | 冥王星が逆行を開始 »