« 水星が再び水瓶座へ | トップページ | 今月の星占い(2009年2月18日~3月19日まで) »

2009年2月17日 (火)

雨水の前夜は下弦の月

今日2月17日朝6時台に、水瓶座の太陽と蠍座の月がぴったり90度になり、下弦の月になりました。そして太陽が魚座入りする明日2月18日は24節気の雨水。雪が解けて雨になり、春一番が吹き始める時期だそうですが、だんだんと春になっていく感じですね。

今回の下弦の月の星回りは、星占いで使う10の星のうちの半分にあたる5つの星(太陽・水星・火星・木星・海王星)が水瓶座に揃い、太陽と海王星が蠍座の月と90度の厳しい角度を作っていることが、一番の特徴。

海王星(まやかしの星)が太陽(意識)にブレンドされて、月(無意識)をかき回しているような星の組み合わせですが、海王星はお酒と薬の星でもあり、先日のG7会見のことを想起してしまいました。

明日の夜の太陽の魚座入り以降、3月9日の水星の魚座入りまでの間、水瓶座には4つの星(水星・火星・木星・海王星)が揃いますが、さらに月が水瓶座を通過する2月22日午後から2月24日夜までの間、水瓶座には再び5つの星(月・水星・火星・木星・海王星)が集います。

今月の星占い(2009年2月18日~3月19日まで)は、明日のアップロードに向けてただいま準備中です。

下弦の月のホロスコープ(2009.2.17 Tokyo)

The_last_qtr_moon_2172009

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 水星が再び水瓶座へ | トップページ | 今月の星占い(2009年2月18日~3月19日まで) »