« 立春の翌日に火星が水瓶座へ | トップページ | 水星が再び水瓶座へ »

2009年2月 9日 (月)

満月@獅子座の月

2月9日午後11時台に、水瓶座の太陽と獅子座の月がぴったり180度になり、満月になります。

今回の満月図は、シーソーパターンといわれる星の配置にほぼ近い形になっていることが一番の特徴。シーソーパターンは、2つの星の群れが砂時計のように2つに分かれている配置のことです。

獅子座から乙女座に月と土星、山羊座から牡羊座間には、冥王星・水星・火星・木星・太陽・海王星・天王星・金星が並び、2つの区域に星占いで使う10の星が、2対8に分かれて配置されているため、シーソーと呼ぶには、数に偏りがあるため、シーソーパターンに近いパターンと呼べるのではないでしょうか。

シーソーパターンは、2つの領域の矛盾や葛藤のバランスをとる力に関係しています。

2月9日の満月前後、獅子座と水瓶座の人は、心身が緊張しやすいかもしれませんが、努めてリラックスを。理想と現実のギャップで焦らないように。勢いで余って動くには最適なときとはいえないでしょう。

満月図@獅子座の月(2009.2.9 Tokyo)

Full_moon_292009

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 立春の翌日に火星が水瓶座へ | トップページ | 水星が再び水瓶座へ »