« 2009年元旦 土星の逆行と水星の水瓶座入り | トップページ | 木星の水瓶座入り »

2009年1月 3日 (土)

金星の魚座入り

1月3日21時台に、金星が魚座へ。1月24日に魚座の天王星と重なり、1月25日には乙女座の土星と180度の角度を作りながら、2月3日に牡羊座に入ります。

12月27日の火星の山羊座入りから2月3日の金星の牡羊座入りまでの間、月(約28日かけて12の星座を移動するため山羊座から魚座の間を通るときのみ)と乙女座の土星を除いた、星占いで使う10の星のうちの8つの星が山羊座から魚座の間に揃います。

1月6日に水瓶座入りする木星と冥王星・火星・太陽のパワーを受ける山羊座、水星・海王星と1月6日からは木星のパワーを受ける水瓶座、金星と天王星のパワーを受ける魚座の人達は、心境や環境の変化がすでに訪れている、あるいは訪れるのかもしれません。

大晦日は、毎年恒例の近所の氏神様へのお参りのあと近所のお蕎麦屋さんで年越しそば、そして紅白を横目でみながら年賀状書き。元旦は水周り(流しとお風呂)と換気扇の掃除に終日明け暮れ。2日はお気に入りの洋服「パラス・パレス」のセールのあとで、東京都写真美術館で日本の近代的な写真表現の先駆者「中山岩太」さんの作品を鑑賞。1920年代のNYとパリで活躍していた頃の写真から、モダンな表現は贅沢とされていた戦時下を経て、1948年ごろの晩年の写真まで。初めてみるような気がしなかったのは、彼に影響を与えたり彼が影響を受けている作品をすでにどこかでみていた?みかけていたから?なのかもしれませんが、時を越えてそこはかとないモダンな香りが伝わってくるような気がしました。

お正月休みも1月4日まで。年始の鑑定は、1月5日からです。

金星の魚座入りのホロスコープ(2009.1.3 Tokyo)

Venus_enters_pisces_09_3

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 2009年元旦 土星の逆行と水星の水瓶座入り | トップページ | 木星の水瓶座入り »