« 満月@蟹座の月と水星の逆行 | トップページ | 下弦の月とボウルパターン »

2009年1月13日 (火)

12星座別星占い 2009年の運勢

2009年の星回りは、
木星と海王星が水瓶座に揃うこと
乙女座の土星と魚座の天王星が2009年1月~10月まで180度の対立角を作ること
愛情と金銭の星・金星が2月3日から6月6日までの約4ヶ月間、牡羊座に長期滞在すること
10月30日に天秤座入りする土星が2010年の4月8日まで山羊座の冥王星と90度の角度を作ること
天文学の分野の話なりますが、年間それぞれ2回づつ、計4回ある日食と月食のうち、中央アジアから琉球にかけて見ることの出来る7月22日の皆既日食があること

大まかに分けるとこの5点が主な特徴です。

木星と天王星の吉角は好景気、土星と天王星の凶角は不景気。土星と天王星が180度の角度を作りはじめた2008年9月以降、世界的な経済不況に。ほぼ180度の状態が続くのは、2008年11月~2009年3月まで。2009年3月以降は、180度の状態が解除されていきますが、2009年8月~10月にかけて、再び土星と天王星は180度の状態に戻ります。2009年10月30日に土星が天秤座入りして、山羊座の冥王星と90度の角度を作りながら2010年を迎える時期が、政治や経済の大きな変わり目になりそうな星回りです。

テクノロジーの星・天王星を守護星にもつ水瓶座に拡大の星・木星が留まる、2009年1月6日から2010年1月18日までの約一年間期間。1998年1月に水瓶座入りした幻想の星・海王星と木星が重なるのは、今回の海王星の水瓶座滞在期間中(2008年1月~2012年2月まで)最初で最後。IT・科学技術・宇宙開発・両性具有的な人物、強烈な意外性のあるコラボレーションなど、水瓶座と天王星に関する事柄が発展的ですが、木星と海王星は、バブリーな意味合いを含むため、一時的で刹那的な要素もあるため、手放しでは歓迎出来ないかもしれません。

しかしながら、10月末までは土星と天王星の不況コンビが解消されないものの、木星と海王星のバブリィな星のコンビの影響もあります。

公的には、水瓶座・獅子座・乙女座・魚座の言動が大きな影響を与えることになりそうです。

次に、12星座で一番シリーズを…

全般的に幸運なのは、水瓶座の人。
結婚運があるのは、獅子座の人。
恋愛に恵まれるのは天秤座の人。
仕事面での成功が期待できるのは牡牛座の人。
良くも悪くも注目されやすいのは乙女座の人。
ライフスタイルをリセットする山羊座と蠍座の人。
コミュニケーション・交友関係が運気激変の要素になりそうな射手座の人。
志の高さが運気を左右する双子座の人。
清算の年になりそうなのは、魚座と天秤座の人。

以下12星座別の今年の運勢です。参考にしてください。

------------------------------------------------------------------------

牡羊座(3月21日~4月20日生まれの人)

公私の交友関係の開拓がテーマ。特定の個人や仲間と親しくするよりも広く浅く派閥を作らない交際が有益。土星が天秤座に入る10月末以降、結婚・離婚・転職・退社・転居によって環境が変わる可能正大。娯楽の星・金星の恩恵を受ける2月~6月初めまでは、人を惹きつける魅力が授かる時期。情熱の星・火星のパワーがプラスされる4月末~5月末までは、愛情運抜群。短期間で相思相愛になり、ゴールインするかもしれません。

------------------------------------------------------------------------

牡牛座(4月21日~5月21日生まれの人)

地位や評判がアップする年。才能や実績を評価されたり、人望が上がりそう。運気がアップダウンしやすい、2~3月、6月~7月、10月中旬~年末以降、体調と金銭の管理はしっかりと。怠け癖・浪費の習慣化には厳しいメスが入りそう。愛情面では、シングルは年長者の紹介やお見合いに玉の輿的な良縁があるかもしれません。自己中心的な考え方や依頼心は元凶。堅実な生活態度が幸運を手に入れるコツ。

------------------------------------------------------------------------

双子座(5月22日~6月21日生まれの人)

周囲の引き立てやチャンスに恵まれる年。地に足のつかない浮ついた態度はアクシデントによって軌道修正されるかもしれませんが、実力や心がけを上回る過剰な幸運を授かりそう。感謝と謙虚さを忘れないように。守護星・水星の動きが乱れる5月と9月と12月後半は、心身の疲労に要注意。愛情面では、考えが先走り過ぎて散漫になりがち。信頼出来る人の助言やルールブック・マニュアル本を参考に。

------------------------------------------------------------------------

蟹座(6月22日~7月22日生まれの人)

狭く深く特定の人や事柄に集中する年。本音に正直に。フィーリングの合う人との付き合いが深まりそう。2月~6月は自分磨きのために見栄を張ることも必要な時期。外見や身だしなみに普段以上に気を配ることも運気を高める秘訣です。愛情面では、カップルは妊娠が入籍のきっかけになるなど、精神面より肉体面の相性が重要視されそう。仮面カップルは離別の危機。シングルはひとめぼれが狙い目。

------------------------------------------------------------------------

獅子座(7月23日~8月22日生まれの人)

硬くて古い殻を破って脱皮することがテーマ。家からの独立・一人暮らし・転職によって、環境を変えることがプラスに作用する可能性大ですが、金銭的な基盤がしっかりしてない場合は、見送るほうが懸命。物質面は手堅く、手に届く範囲で夢を叶えること。愛情面では、12年に一度の結婚のチャンスの年。結婚前提の交際は実を結びますが、不透明な関係はうやむやのうちにフェイドアウトするかも。

------------------------------------------------------------------------

乙女座(8月23日~9月23日生まれの人)

堅実な年。あやふやで曖昧な方針は通用しない星回り。目の前の現実から何を学ぶことが出来るかを知ることがテーマ。2007年秋以降から続いている28年に一度の自立の星回りが解除される10月末までの間、公私ともに試練に比例する糧を得ることが出来るでしょう。愛情面では、電撃的な出会いと破局などドラマティック。大人になりきれない甘えの関係は長続きしないでしょう。

------------------------------------------------------------------------

天秤座(9月24日~10月23日生まれの人)

個性を磨く年。イメージが実現しやすく、恋や趣味、子育てやペットの飼育、イベントやライブが、エネルギーの源。表と裏の顔のギャップがストレスにならないように、飾らない付き合いの仲間との交流は大切に育むこと。愛情面では、恋愛運抜群。片思いは相思相愛になれるかも。タイミングの合う相手と気楽なノリで交際してみると本命の関係に成長していくかもしれません。

------------------------------------------------------------------------

蠍座(10月24日~11月22日生まれの人)

心の拠り所や古巣に戻ってリラックス出来る巣作りをすることがテーマ。運気は受身で強制的。2月~6月は、与えられた状況に対応していくことが精一杯。10月以降は、潜在意識の封印が解かれそう。過去から未来へ。心と体の時間差をなくすためには、自分の本音に忠実にならざるを得ないでしょう。愛情面では、2007年秋以降から続く不協和音が激化。一筋縄ではいかない関係にはまりやすいかも。

------------------------------------------------------------------------

射手座(11月23日~12月21日生まれの人)

好奇心の赴くままに行動して経験の引き出しを増やすことがテーマ。趣味や好きなことを通じて知り合う仲間との交流は刺激剤になりそう。公私のバランスが崩れやすく調整が必要。経済面は建て直しをすることになるかもしれません。愛情面は、解放のとき。出会いと別れ、家族や身内の都合によって、新しいステップを踏むことになるかもしれません。シングルは友情が恋に変わるかも。

------------------------------------------------------------------------

山羊座(12月22日~1月20日生まれの人)

変動期のあとの地ならしがテーマ。2月~6月は、私生活の充実が運気を左右。部屋の掃除や不用品の処分、模様変えやリフォームで、居心地の良い住空間を作ることに専念を。衣食住に関することを雑にしないこと。愛情面は価値観の相いがはっきりしやすく、些細なことでケンカしがち。カップルはスキンシップや何気ない日常会話をそっけなくしないこと。シングルはスリルよりも安心感が選択の鍵。

------------------------------------------------------------------------

水瓶座(1月21日~2月18日生まれの人)

拡大の星・木星の影響を12年ぶりに強く受ける年。良くも悪く物事が大袈裟になりやすく、不満や不足はツキを下げる最大の原因に。目標を決めて努力すると収穫を得られますが、マイナスの結果が出た場合は、進路変更をするチャンスかも。愛情面は新しい出会いが期待出来ますが、夢見がちな恋は妄想へ。思いやりのある関係は、進展しますが金銭的にルーズな相手には注意。

------------------------------------------------------------------------

魚座(2月19日~3月20日生まれの人)

自分に奉仕することがテーマ。他人の心配に自分の不安を重ねないで、自分の問題に向き合うこと。マンネリ化やなりゆきまかせの生活から、抜け出すきっかけは、耳をふさぎたくなるような苦言。10月以降、踏み続けたブレーキが外れて一気に加速するかもしれません。愛情面では、リスクのある関係に縁がありますが、逆風を浴びるかも。過去を清算して未来へ進む好機です。

------------------------------------------------------------------------

|

« 満月@蟹座の月と水星の逆行 | トップページ | 下弦の月とボウルパターン »