« 新月@射手座 | トップページ | 金星が水瓶座へ »

2008年12月 5日 (金)

ミュータブルな上弦の月

明日12月6日朝6時台に、射手座の太陽と魚座の月が、ぴったり90度になり、満月に向かう上弦の月になります。

今回の上弦の月は、ミュータブルサインに多くの星が揃っていることが一番の特徴。

ミュータブルサイン(双子座・乙女座・射手座・魚座)は、主体性のなさと柔軟性、一過性と同時多発性を司る星座。12月前半は、星占いで使う6つの星が、このミュータブルサインに揃うことが多くなります。

この星回りの影響を受けやすい双子座・乙女座・射手座・魚座の人は、自分も周囲も落ち着かない時期かもしれませんんが、スタミナを補給して色々と体感してください。

11月24日に広島から帰京した翌々日、2度目の横浜トリエンナーレの作品をみるために前回廻れなかった三渓園へ。園内の紅葉は身頃の手前でしたが、ほとんど野外状態での鑑賞はほんとに寒かったけど、気になっていた内藤礼さんの作品をみれたし、一応満足。横浜で軽く食事して体を温めてから、その足で有楽町で映画鑑賞。「彼女が2度愛したS」は予告をみて楽しみしていたのですが、内容や質はともかくも、子供の頃に好きだったTVドラマ「キーハンター」とどことなく似た匂いのするサスペンスとロマンスが入り混じった非日常なお話。甘美なムードをもっている映画でした。

そして、この勢いにのって?その後日立て続けに楽しみにしていた映画を2本鑑賞。「マルタのやさしい刺繍」は、スイス版「渡る世間は鬼ばかり」な古風な親子関係は国境を越えてリアル。野心むき出しのイギリス版大奥「ブーリン家の姉妹」は、10月にみた重厚感のある「宮廷画家ゴヤはみた」よりも、私の好みに合いました。

その他、11月末のCC Lemonホールのpupaのライブのあとは、ジャズピアノのライブと…最近は、趣味方面がアクティブになっていますが、年末に向けて気を引き締めて仕事したいと思います。

上弦の月のホロスコープ(2008.12.6 Tokyo)

The_first_qtr_moon_1262008

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 新月@射手座 | トップページ | 金星が水瓶座へ »