« 上弦の月にボウルパターン | トップページ | 金星の射手座入り »

2008年10月16日 (木)

満月@牡羊座の月と水星の順行

昨日10月15日朝5時台に、天秤座の太陽と牡羊座の月が、ぴったり180度になり、満月に。そして今日10月16日には、その満月と同じ時間帯である朝5時過ぎに、9月24日から逆行していた水星が順行に戻ります。水星逆行のみが原因とは言いがたいのですが、今回の水星逆行期間中には、世界的な株価の大暴落、そして順行に戻る少し前から回復に向かっているという状況。

今回の満月図は、Tスクエア(直角三角形になる星の配置)・グランドクロス(四角形になる星の配置)・グランドトライン(正三角形になる星の配置)などの特徴のある星の配置はなく、太陽は混乱と癒しの星・海王星と120度の吉角、月は再生の星・冥王星と120度の吉角になり、全体的に平和なムード。最近続いていた金融不安…などが、ここにきてひとまずひと段落するのでしょうか。

今月の星占い(2008年10月23日~11月21日まで)は、10月23日頃にアップロード予定です。

満月図@牡羊座の月(2008.10.15 Tokyo)

Full_moon_10152008

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

三連休のど真ん中の日曜日は横浜トリエンナーレへ。2001年から開催されている現代美術の国際展で、今回が三回目。午前中から日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)、赤レンガ倉庫1号館、新港ピアの順番で周り、勅使川原三郎 さんの作品が一番好きになりました。

三溪園にある内藤礼さんの作品がとても気になって、今回はちょうど作品のメンテナンス中でみることが出来なかったこともあり、横トリチケットは、2回まで有効という嬉しいサービスがあるので、11月末までの会期中、また行こうと思っています。

こんな感じで最近は、マイ芸術の秋です。先週は「トウキョウソナタ」、昨日は「おくりびと」と日本映画を2本鑑賞。「おくりびと」はしみじみとした雰囲気とゆるやかなテンポが心地よくて、「西の魔女が死んだ」とともに、今年のお気に入りマイベスト2になりました。

|

« 上弦の月にボウルパターン | トップページ | 金星の射手座入り »