« 金星の蠍座入りと水星の逆行開始 | トップページ | 火星の蠍座入り »

2008年9月30日 (火)

新月@天秤座

昨日9月29日17時台に、太陽と月が天秤座で重なり、新月になりました。

今回の新月図は、乙女座から魚座の間に、星占いで使う10の星のすべてが揃っていることが、一番の特徴。360度で作られているホロスコープの半分である180度の範囲内に、10の星があり、両端の星が180度の角度を作っている、見た目がボウルの形に似ている、ボウルパターンと呼ばれる配置になっています。

8月23日の太陽の乙女座入りから、来年2009年3月20日の太陽の牡羊座入りまでの間、木星・土星・天王星・海王星・冥王星が、乙女座から魚座に集まっている関係上、ボウルパターンの星の配置が多くなります。

今日は9月の大晦日。雨がシトシト降っていて肌寒いです。新月から気持ちも新たに、ニットのカーディガンを羽織り、正午過ぎにおやしらずを抜歯してから、カーテンを冬仕様に変えました。明日から10月なんですね…

新月図@天秤座の月(2008.9.29 Tokyo)

New_moon_9292008

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承下さい)

|

« 金星の蠍座入りと水星の逆行開始 | トップページ | 火星の蠍座入り »