« 新月@獅子座 皆既日食 | トップページ | 北京オリンピック開催の翌日は上弦の月 »

2008年8月 6日 (水)

金星が乙女座へ

8月6日午後1時台の金星の乙女座入りによって、乙女座には、金星・土星・火星が揃い、さらに8月10日の水星の乙女座入りから、8月19日の火星の天秤座入りまでの期間、星占いで使う10の星のうちの4つの星(水星・金星・土星・火星)が、乙女座に揃い、魚座の天王星と180度の緊張した位置関係になります。

昨日は、都内でゲリラ雨と雷が猛威をふるいましたが、今日はいまのところ晴天の猛暑。もはや気紛れとはいいがたいような突発的な空模様の変化。

日食と月食は、世の中で発生する大きな出来事の発生に関係しているという星占いの定説がありますが、先日8月1日の皆既日食では、獅子座の金星と水瓶座の海王星、乙女座の火星と魚座の天王星がほぼ180度の角度を作りあっていました。ネガティブなことに即結びつけることは避けたいと思いますが。娯楽の星・金星が、混乱の星・海王星と、エネルギーの星・火星がハプニングの星・天王星と厳しい関係になるという、とてもハードな配置です。

ともあれ、まずは目の前の現実を大切にしていきたいと思います。スポーツにほとんど関心のない私ですが、もうすぐ北京オリンピック。遠巻きにTV観戦するかもしれません。

金星の乙女座入りのホロスコープ(2008.8.1. Tokyo)

Venus_enters_virgo_08

マウスの左クリックで、拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承下さい)

|

« 新月@獅子座 皆既日食 | トップページ | 北京オリンピック開催の翌日は上弦の月 »