« 水星と金星が天秤座へ | トップページ | 白露に上弦の月 »

2008年8月31日 (日)

新月@乙女座

8月31日朝4時台に、太陽と月が乙女座で重なり、新月になりました。

今回の新月図は、乙女座から魚座の間に、星占いで使う10の星のすべてが揃っていることが、一番の特徴。

360度で作られているホロスコープの半分である180度の範囲内に、10の星があり、両端の星が180度の角度を作っている、ボウルパターンと呼ばれる、星の配置になっています。見た目は、ボウルの形に似ています。個人のホロスコープだった場合、主観的でやや自己満足的になりやすく、私生活よりも仕事を優先するタイプ。あるいは、仕事よりも趣味などに打ち込むタイプといわれています。

今日も夕方から、雷雨。24時間TVのエンディングを横目にちらちらみながら、このブログを書いてますが、いまメインパーソナリティの嵐が「感謝カンゲキ雨嵐」を唄ってます。雨の中走り続けるエドさんの姿。嵐の名前にふさわしい?天候ですが、明日から9月ですね。

新月図@乙女座の月(2008.8.31 Tokyo)

New_moon_8312008

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承ください)

|

« 水星と金星が天秤座へ | トップページ | 白露に上弦の月 »