« 火星が乙女座へ | トップページ | 上弦の月…そして水星の蟹座入りと金星の獅子座入り »

2008年7月 4日 (金)

新月@蟹座

昨日のことになりましたが、7月3日午前11時台に、蟹座で太陽と月が重なり、新月になりました。

今回の新月図は、双子座の水星・蟹座の太陽と月と金星、乙女座の火星と土星までの6つの星と、射手座の冥王星、山羊座の木星、水瓶座の海王星、魚座の天王星までの4つの星が、向かい合った位置関係になっていることが特徴です。

星占いで使う10の星のうちの6つの星が、双子座から乙女座に揃い、射手座から魚座に4つの星が揃っていて、ちょうど2つの世界に分かれるようなシーソーパターンといわれている星の配置になっています。

この配置を出世図にもつ人は、ふたつの異なる世界感をもつ人。具体的な事例は取り上げませんが、まったく違う業種や人脈をもつ、二面性のある人でもあり、葛藤を上手にバランスをとることが大きな課題になるようです。

新月図@蟹座の月(2008.7.3 Tokyo)

New_moon_732008

マウスの左クリックで、拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承下さい)

|

« 火星が乙女座へ | トップページ | 上弦の月…そして水星の蟹座入りと金星の獅子座入り »