« 今年二度目の金星の乙女座入り | トップページ | 水星の逆行スタート »

2007年10月11日 (木)

新月@天秤座と木星・天王星のスクエア

今日、10月11日は太陽と月が天秤座に揃い、新月になります。

今回の新月図は、全体的に穏かなアスペクト(星と星を結ぶ角度)が多く、天秤座のバランス感覚・平和を好む性質にぴったりの星の配置です。

景気の波や世の中の流行に関係している、木星と天王星は、約7年毎に、スクエア(90度)の角度を作り、今回の新月図でも、ほぼぴったり90度になっています。

木星と天王星の90度は、

前回は、2000年5月20日 木星(牡牛座20度)と天王星(水瓶座20度)

そして、7年後の今年は、以下の計3回。

2007年1月23日 木星(射手座12度)と天王星(魚座12度)
2007年5月11日 木星(射手座17度)と天王星(魚座17度)
2007年10月10日 木星(射手座15度)と天王星(魚座15度)

次回は、約7年後の、2013年8月21日 木星(蟹座12度)と天王星(牡羊座12度)です。 

昨年2006年に、木星と天王星は計2回(2006年5月5日、8月29日)、120度のやわらかい角度になり、今年2007年は、90度の緊張感のある角度になりました。昨年、注目を浴び好調だった事柄(ブーム)が、今年は早くも曲がり角をむかえるような流れなのかもしれません。

朝夕、肌寒くなってきましたが、自然の世界は、紅葉の仕度に入る頃。昨年は、文京区にある「六義園」で秋の景色を楽しみましたが、今年の秋は、どこに行こうかと今計画中です。

新月図@天秤座の月(2007.10.11 Tokyo)

New_moon_10112007

マウスの左クリックで、拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承下さい)

|

« 今年二度目の金星の乙女座入り | トップページ | 水星の逆行スタート »