« 水星が乙女座へ里帰り | トップページ | 今月の星占い(2007年8月23日~9月22日まで) »

2007年8月20日 (月)

処暑へ向かう上弦の月

8月23日は、太陽が乙女座に入る日であり、24節気のひとつ「処暑」。暑さが和らぎ始める頃らしいのですが、まだまだ30度を超える暑さが続いていて、実感が湧いてきません。

そして、処暑の前々日21日は、獅子座の太陽と蠍座の月が90度になり、上弦の月になります。

今回の上弦の月の星の配置は、獅子座の太陽・金星・土星と乙女座の水星が射手座の冥王星とほぼ120度の吉角を作っていることが一番の特徴ですが、それに加えて、双子座の火星・乙女座の水星・蠍座の月・射手座の木星・魚座のドラゴンヘッドのよる、グランドクロス(十字形)もどきの星の配置が作られています。

心配事から解放されていく獅子座の人と、約28年に一度巡ってくる人生の節目に入っていく乙女座の人。獅子座・乙女座の人は、これから月末に向けて、運気の流れが大きく変わっていきそうな気配です。

今月の星占い(2007年8月23日から9月22日まで)は、8月23日頃にUP予定です。

上弦の月(2007.8.21 Tokyo)

The_first_otr_moon_8212007

マウスの左クリックで、拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承下さい)

|

« 水星が乙女座へ里帰り | トップページ | 今月の星占い(2007年8月23日~9月22日まで) »