« 新月@獅子座に定着サインと流星群 | トップページ | 処暑へ向かう上弦の月 »

2007年8月17日 (金)

水星が乙女座へ里帰り

8月19日22時過ぎに、水星が乙女座入り。

双子座と乙女座の2つ星座の守護星である水星が、そのうちのひとつ乙女座に戻ることによって、水星の知性パワーが輝きを増していきそうです。

2007年の乙女座の水星は、9月5日21時過ぎに天秤座入りするまでの間、特徴のある星の配置を形作っていきます。

主な星の配置としては、

8月25日に、双子座の火星・乙女座の水星・射手座の木星・魚座のドラゴンヘッドによって作られるミュータブルサイン(双子座・乙女座・射手座・魚座)のグランドクロス(十字形)。

8月29日に、乙女座の水星が魚座の天王星と180度、18時頃に乙女座の水星が魚座の月と180度。

9月3日に、乙女座の水星と射手座の冥王星が90度。

となります。

双子座・乙女座・射手座・魚座の人は、9月2日の土星の乙女座入りも重なり、これからしばらく心や状況のゆらぎが顕著になっていきそうです。

ともあれ日本列島は、連日の猛暑。昨日は日中40度を超えた地域もあったようですが、蝉しぐれに残暑を感じています…

水星の乙女座入りのホロスコープ(2007.8.19 Tokyo)

Mercury_enters_virgo_2007

マウスの左クリックで、拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承下さい)

|

« 新月@獅子座に定着サインと流星群 | トップページ | 処暑へ向かう上弦の月 »