« 水星が順行に | トップページ | 大暑の前日は上弦の月 »

2007年7月14日 (土)

新月@蟹座と金星の乙女座入り

今日からの3連休、台風4号が日本列島を通過するというニュースが流れていますが、そんな最中、14日21時過ぎに太陽と月が蟹座で重なり、新月になります。そして、翌日15日午前3時過ぎには、金星が乙女座入り。

7月15日に乙女座入りした金星は、7月28日から逆行(みかけ上後ろに進むこと)を開始して、8月9日には獅子座に戻り、10月8日に再び乙女座に戻ります。

2007年の金星は、獅子座と乙女座の間に滞在している期間(6月6日に獅子座入りして、11月9日に乙女座を抜けて天秤座に入ります)が約5ヶ月間と、とても長いのです。

この間(6月6日から11月9日まで)、獅子座・乙女座の人は、愛と金銭の星・金星の影響によって、愛情・金銭にまつわる色々な事柄が強調されていきそうです。余談ですが、現総理・現宮崎県知事はともに乙女座。月末の選挙期間中は、金星が乙女座に滞在中。ちなみに、金星は人気運の星でもありますが…はたして金星はどのように作用するのでしょうか…。

新月図@蟹座の月(2007.7.14 Tokyo)

New_moon_714_2007

金星の乙女座入りのホロスコープ(2007.7.15 Tokyo)

Venus_enters_virgo_7152007

マウスの左クリックで、拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承下さい)

|

« 水星が順行に | トップページ | 大暑の前日は上弦の月 »