« 水星が水瓶座へ | トップページ | 新月@山羊座 »

2007年1月17日 (水)

火星が山羊座へ

本日、17日の朝、火星が山羊座へ。

約2年間で12星座を一周する火星は、活力の星。

火星の影響を受ける今日から2月25日までの期間、山羊座の人は、公私ともにエネルギッシュになりやすく、不完全燃焼にならないように、上手にエネルギーを使うことが大事。火星と180度の角度になる蟹座の人は、対人関係、火星と90度の角度になる天秤座の人は、私生活、牡羊座の人は、仕事面で、火星の影響を受けやすく、短気は損。短絡的な考え・攻撃的な言動に要注意。怒りのエネルギーは、身体に負担をかけすぎないスポーツ・趣味で発散をすると懸命かもしれません。

火星は、ひとつの星座に平均すると約2ヶ月間留まり、2007年の火星は、射手座から蟹座を移動します。

火星は、たまにひとつの星座に半年間以上留まることがあります。前回は、2005年7月28日から2006年2月18日までの約6ヶ月半の間、牡牛座に留まっていました。そして次回は、2007年9月28日から2008年1月1日と2008年3月4日から2008年5月3日までの約5ヶ月間、蟹座に留まります。

肌寒い今日の午後、浅草・浅草寺を参拝。老若男女、様々な国籍の人たちでにぎわう参道は、とても晴れやかな雰囲気でした。浅草の街や路地に漂う空気は、格別な癖がある。集まるひとりひとりの意識がその場の空気を作るとしたら、浅草に集う人々は浅草に古き良き日本情緒を求めてくるのかなぁと、ふとそんなことを感じました。

今月の星占い(1月20日~2月18日まで)は、1月20日頃UPに向けてただいま準備中です。

火星の山羊座入りのホロスコープ(2007.1.17 Tokyo)

Mars_enters_capricorn

マウスの左クリックで拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承下さい)

|

« 水星が水瓶座へ | トップページ | 新月@山羊座 »