« 水星の逆行と海王星の順行 | トップページ | 水のグランドトライン »

2006年11月 2日 (木)

満月@牡牛座の月とグランドクロス

11月5日夜9時台に、蠍座の太陽と牡牛座の月がぴったり180度になり、満月になります。

今回の満月では、牡牛座(月)、獅子座(土星)、蠍座(太陽・水星・金星・火星・木星)、水瓶座(海王星)の4つの定着星座に8つの星が揃い、グランドクロス(十字形)が作られています。

これは、1999年8月の世紀末のグランドクロス(この場合は冥王星を除いた9の星)と同じ、定着星座に10の星のうちの大半が揃うパターン。

今年はこのパターンのグランドクロスが、今回を含めて全部で4回あります。

1回目は、2月4月から6日にかけて作られたグランドクロス(この場合は、金星・天王星・冥王星を除いた7つの星)

2回目は、5月13日の満月前後に作られたグランドクロス(この場合は、金星・火星・天王星・冥王星を除いた6つの星)

3回目は、8月14日から16日にかけて作られたグランドクロス(この場合は、火星・天王星・冥王星を除いた7つの星)

そして、今回が4回目。

具体的に何がある?ということに結び付けていくことも出来ると思いますが、定着星座のグランドクロスは、長期的な課題を届けるメッセージ。生活目線では、資源・リサイクルなど生活の基盤に、公には、経済・出生率・国際間の問題に関係しているのでは?と推測しています。

個人的には、21世紀に入ってからエコ意識が急速に高まってきているような実感もありますが、というものの、私が今のところ実践していることといえば、スーパーにマイバック持参とか、ゴミをきちんと分別するとか、割り箸をもらわないし自宅では使わないとか、食器を洗剤ではなくお湯でしっかり洗うとか(後記 これは河川に優しいかも知れませんが、お湯を沸かすためのガス燃料は使うのでエコ?といえないかもという疑問?が湧いていますが)…という類の毎日のほんの小さなことくらい。まだまだこれでは甘いぞぉ~という程度です。そうそう、出来るだけ物を減らしてコンパクトに暮らすという考え方も、最近益々注目されてきてますよね。

限りある資源を有効に活かしていくことが、快適な世界を作ることにつながるのであればと、ささやかに願います。

満月図@牡牛座の月(2006.11.5 Tokyo)

Full_moon_1152006_1 

マウスの左クリックで、拡大されます。(無断転載不可!何卒ご了承下さい)

|

« 水星の逆行と海王星の順行 | トップページ | 水のグランドトライン »