« 新月@双子座 | トップページ | Saturn in Leo »

2006年5月30日 (火)

Jupiter in Scorpio

12年間かけて、12星座を一周する拡大の星・木星は、2005年10月末から、2006年11月末まで、蠍座を運行します。木星の幸運パワーを受ける蠍座・魚座・蟹座の、今回は年内の運勢について…。

木星のエネルギーをダイレクトに受ける蠍座ですが、プレッシャーの星・土星と火星・海王星の凶角の影響を同時に受けるため、12年に一度の幸運も残念ながら、割り引かれる星回り。自分の力量と現実のバランスを調整することがテーマになるでしょう。火星が獅子座に入る6月から7月、火星が蠍座に入る10月末から12月初め頃は、節目になるような出来事があるかもしれません。思い込みが激しく頑固で一途な蠍座さんにとっては、柔軟であることは、とても苦手なことかもしれませんが、ふとしたきっかけで、目からうろこが落ちるようなことがあるかも?思いつくまま、何か新しいことをはじめてみると、新鮮で嬉しい出会いがあるかもしれません。

木星と改革の星・天王星の吉角をダブルで受ける、魚座は、大ブレイクの年になりそう。今までの努力が報われるような、チャンスが沢山ありそう。ただし、オール・オア・ナッシングの星・冥王星の凶角の影響もあるため、好調な波にのったときほど、出る杭は打たれるようなことに注意。軽率な行動で、すべてを台無しにしないとも限りません。7月末から9月初め頃は、言動に責任ももつほうが懸命でしょう。

そんななか、木星・天王星とともに、グランドトライン(幸運の三角形)が出来る、蟹座の人は、今年一番の果報者かも。のんびりと余裕をもって過ごせる年になるはずです。いまのところそんな自覚がないという蟹座さんは、過去のネガティブイメージやパターンを続けていませんか?自分よりも身近な人のことが気になっていることも原因かもしれませんよ。今年は、娯楽と恋愛が元気の源。自分に喜びを与えてあげてください。

トレンドに関係する天王星は、現在、魚座にあり、魚座の領域である、「癒し」の分野が活性化しています。そして、その年の幸運の在り処である木星は、蠍座に…。

人と人との深いつながり、ディープな場所や領域に関係している蠍座。今年の24○○TVのテーマが「絆」というのも、興味深い現象です。

|

« 新月@双子座 | トップページ | Saturn in Leo »